頭文字で探す

 

ウィルス性肝炎
【うぃるすせいかんえん】

AからEまでの型がある。A型とE型は食物を介して経口感染する。
B型、C型、D型は血液を媒体として感染する。2週間から数カ月の潜伏期間を経て症状が現れる。全身の倦怠感や、食欲不振、嘔吐、発熱などの症状を特徴とする。

ウィルチェア
【うぃるちぇあ】

wheelchair

車椅子(車いす、車イス)

ウェルビーイング
【うぇるぴーいんぐ】

well-being / wellbeing

ウェルフェア(welfair)が事後的、補完的、代替的であるのに対して、個人の尊重、自己実現、権利擁護を基調に、予防、促進、啓発、教育プログラム の創設、問題の重変化、深刻化を防ぐ、支援的、協働的プログラムの重視を含んだ言葉がウェルビーイングである。 ウェルフェアという用語、概念は、徐々にウェルビーイングへと移行しつつある。

ウェルフェア
【うぇるふぇあ】

welfair

福祉。人権尊重、自己実現の意味が強い。

ウォーカー
【うぉーかー】

walker

歩行器。歩行を補助する道具として用いられる。

ウォーターマット
【ウォーターマット】

water mattress

水が入ったマットレス。点ではなく、面で支えるので、身体の局所にかかる体圧を分散させることができる。
床ずれ(褥そう)ができるのを予防することを目的として用いられる。

ただ、水面に浮いている感覚があるため、寝ていると船酔い状態になることがある。

うっ血性心不全
【うっけつせいしんふぜん】

心臓のポンプ機能が低下するために静脈側で起きるうっ血を原因にして起きる心不全。高齢者に最も多い循環器疾患。

上乗せサービス
【うわのせさーびす】

保険給付の対象になる在宅サービスと同じ種類のサービスを、さらに手厚く実施すること。
つまり支給限度額以上のサービス。介護保険の場合、要介護度に応じて「支給限度額」が決められているが、「支給限度額」を超えた在宅サービスを指す。
具体的に例をあげると。あるケアプランで「訪問介護週3回」と決められたとする。それに「訪問入浴週2回」を追加し、「訪問介護週3回と訪問入浴週2回」とする場合。自治体が負担する場合と利用者が自分で負担するか民間保険を活用する場合がある。
類似の用語に横出しサービスがある。

運営基準
【うんえいきじゅん】

介護保険制度のもとでは、指定サービス事業者がサービスを提供するときに、最低限守らねばならない基準のこと。運営基準は「人員基準」や「設備基準」とあわせて「事業者指定基準」を構成する。

運営適正化委員会
【うんえいてきせいかいいんかい】

都道府県社会福祉協議会が設置する苦情処理の機関。

072-720-7080
お問い合わせはこちら