頭文字で探す

 

ソーシャルワーカー
【そーしゃるわーかー】

social worker

社会事業相談員、社会福祉指導員、社会福祉事業担当指導員、民生委員。
福祉の専門的な知識や技術を有して社会福祉援助を行う専門職。

ソーシャルワーク
【そーしゃるわーく】

social work / social works

社会福祉専門援助技術。
社会福祉制度のもとで、専門的な知識や技術を有した援助者によって行われる社会福祉援助活動と、専門的援助技術の社会福祉援助技術。
ソーシャルワークスとも言うが、他にも ケースワーク、グループワーク、コミュニティ・オーガニゼーションと呼ばれる。

ソーシャルワークサービス
【そーしゃるわーくさーびす】

social work service

ソーシャルワークの項を参照のこと。

ソーシャルワークス
【そーしゃるわーくす】

social works

福祉サービス一般のこと。

早期離床
【そうきりしょう】

手術後あるいは障害発生後、合併症や体力低下を防止し、社会復帰を早めるため不必要な安静は避け、出来るだけ早く起床や歩行ができるようにすること。

装具
【そうぐ】

体重を支えたり、失われた機能の代償、補助、不随意運動の抑制、機能的な肢位の保持、変形の予防と矯正、特定の動作の補助などを目的として身体に装着する器具のこと。

相互扶助
【そうごふじょ】

集団や地域社会において、構成員が社会生活を送るうえで解決が必要な問題を抱えたとき、構成員の間で自発的に助け合い、援助し合うこと。

側臥位
【そくがい】

からだの左側か右側を下にして横たわった状態。
横臥位とも言う。

措置制度
【そちせいど】

行政が主導的に福祉サービスを受けるべき対象者を選定し、当該者にサービスを給付する制度。

「契約制度」と対をなすもの。公平性や即応性に優れた制度であるが、利用者の選好が働かず、利用者満足度やサービスの効率があがりにくいという問題もある。

足浴
【そくよく】

下肢のみを温湯につけて行う部分的な入浴方法。

ソニックガイド
【そにっくがいど】

sonic guide

眼鏡型の視覚障害者用歩行補助機器。
眼鏡枠の中央(鼻の部分)に超音波の発信機および受信機がある。超音波を発射し、前方や側方の障害物をとらえ、眼鏡に取り付けられた小型イヤホンを通して音信号を両耳に伝える。
超音波眼鏡とも言う。

ソノスペック
【そのすぺっく】

sonospec

眼鏡型の視覚障害者用歩行補助機器。
眼鏡の枠の左右に超音波の発信および受信装置がついている。超音波を発射し、前方や側方の障害物をとらえ、それを音信号で伝える。

ソフト便座
【そふとべんざ】

やわらかい素材の便座

通常の便座よりも体圧分散性があり、長時間着座時の痛みを軽減します。
おしりの痩せた方にも適しています。

072-720-7080
お問い合わせはこちら