福祉と介護の用語集 ろ

頭文字で探す

 

老化
【ろうか】

加齢とともに行動能力や予備力、防衛機能、回復力、適応力等、体の生理機能や働きの一部が衰えること。

老健
【ろうけん】

老人保健施設の略称

老人保健施設の項を参照のこと。

老研式
活動能力指標

【ろうけんしき
かつどうのうりょくしひょう】

基本的な日常生活動作(ADL)を満たしている高齢者のより高次の生活での自立を測定する指標。

大きく分けて手段的自立、知的能動性、社会的役割の3の分野 で合計13項目からなりたつ。
調査に要する時間が短いこと、専門家による評価が不要なこと、回答間違いが起きる可能性が小さいことが利点である。
老人保健施設の項を参照のこと。

老人
【ろうじん】

高齢者の項を参照のこと。

老人憩いの家
【ろうじんいこいのいえ】

市町村の地域において、60歳以上の老人に対し、教養の向上、レクリエーションなどの為の場の提供をし、老人の心身の健康の増進をはかることを目的としている。

運営主体は地方公共団体で、老人福祉センターより規模の小さな施設である。

老人保健施設
【ろうじんほけんしせつ】

急性期の治療を終了し病状の安定した老人に対して、リハビリテーションなどの医療ケアと生活サービスを提供する施設として作られたもの。

対象者は病弱な寝たきり老人、寝たきりに準ずる状態にある老人、中等度以上の老人性認知症である。

弄便
【ろうべん】

便を便と思わず、手などでもてあそぶこと。

老年医学的
総合評価

【ろうねんいがくてき
そうごうひょうか】

Comprehensive Geriatric Assenssment
【略称】CGAシージーエー

高齢者の生活の自立を身体的、精神的、社会的な面から包括的に評価すること。
高齢者の介護や看護の方策を決めるときに用いたりする。

老年学
【ろうねんがく】

gerontology

定義はさまざまにあるが、個人の心身の生理的加齢の課程と疾病や障害の発生や、高齢社会における経済・法律・哲学・建築学・死生学のありようを学際的に考える学問。

老年期幻覚妄想
【ろうねんきげんかくもうそう】

老年期に初めて発症する精神分裂病様症状のこと。女性に多い。

老年期うつ病
【ろうねんきうつびょう】

老年期に初めて発症するうつ病。

初老期に多い。

老年期神経症
【ろうねんきしんけいしょう】

老年期に発症する神経症で、女性に多い。

これらの疾患は認知症と異なり、薬物療法など精神科・神経科領域の専門的治療が欠かせない。

ロフストランドクラッチ
【ろふすとらんどくらっち】

Lofstrand crutch

ロフストランド型杖、前腕型杖とも言う。
1本の脚と、体重を支える握り、前腕を支える腕支えを備えた杖で、手関節の固定や支持性に欠けるが、前腕で力を受けることができる場合に用いる。

072-720-7080
お問い合わせはこちら