歩行器を使った歩き方について

歩行器を使う女性

歩行器は4脚のフレーム構造でできており、多点杖をお使いになる方よりも、身体が不安定で、立った姿勢が保てる方が使用するリハビリ用具です。

つたい歩きに不安を感じる方、両手でを使用している方、脚のリハビリをしたい方にオススメ。
多点杖をお使いになる方よりも身体が不安定で、しかし立位が保持できる方の屋内で使用するリハビリ用具です。身体を囲むように作られており、杖よりも安定しています。

前脚や前輪を前に出し過ぎるとバランスを崩しやすくなります。
目安として、足を一歩済みだす程度の長さで振り出すと良いでしょう。

固定型歩行器と交互歩行器では使い方(歩き方)が違います。

固定式歩行器は自然な無理のない立位で、歩行器を持ち上げて歩幅だけ進み、次に片足ずつ歩を運びます。
交互式歩行器は片方ずつ歩行器を前進させますが、どちらかが接地しているので歩行がおぼつかない方でも安心です。

ここでは「固定型歩行器」「交互型歩行器」「4点杖・サイドステッキ」の高さの合わせ方と、歩き方についてご紹介しています。


歩行器の高さの合わせ方

歩行器の高さが身体にあっていないと、転倒などの事故の原因になったり、症状悪化の原因になる恐れがあります。
歩行器の持ち手の高さの合わせ方はT字杖と同じです。

歩行器の高さを計算する方法として、次の計算式が用いられます。
身長÷2+2~3cm


歩行器の高さを自動で計算できます

身長を半角数字で入力してください。 cm


杖の長さ・歩行器の高さの目安
cm

身長とサイズの目安表

室内で高さをあわせると、靴を履いて屋外に出たときに「高さがあっていない。」と感じる場合があります。
それは、靴の厚みによるものです。
屋外用の歩行器の高さを調節する時は、靴底の厚みも考慮してください。

屋外で使用するときは、靴の高さを忘れずに!

ページの先頭へ戻る

固定型歩行器を使った歩き方

固定型歩行器の使い方は、両手で歩行器を持ち上げて前につき、グリップに体重を支えてから歩き出します。
ピックアップ歩行器・ピックアップ式歩行器ともよばれていますね。

  1. 両手で歩行器を持ち上げ前に付きます
  2. グリップに体重を支えてから、患側→健側の順で足をだします。

歩行器を持ち上げて歩みを進めるので、両上腕の筋力と立位保持が必要となります。

固定式歩行器を使った歩き方 固定式歩行器を使った歩き方

折りたたみや高さ調節ができるものもあります。
折りたたみ可能タイプは収納の際には便利ですが、折りたたみができないタイプよりも重たくなります。

固定型歩行器の商品一覧をみる

ページの先頭へ戻る

交互型歩行器を使った歩き方

交互型歩行器は、固定型と似たような構造ですが、左右のフレームを個々に動かすことができます。

歩くときは、左右のフレームを歩行時に手を振るように交互に動かし
右側の歩行器→左足→左側の歩行器→右足
という動作で歩行します。

交互式歩行器を使った歩き方 交互式歩行器を使った歩き方

固定型よりも、バランス機能と左右交互運動が要求されます。
四肢の筋力低下の方にむいています。

交互型歩行器の商品一覧をみる

ページの先頭へ戻る

4点杖・サイドステッキを使った歩き方

4点杖は、1本杖では歩行が不安な方にオススメの杖です。
サイドステッキは、サイド歩行器、サイドケーンともよばれます。 体の横に置いて使用する、歩行の補助をするための杖です。

基本的には、杖は健側の手に持ち、使用します。

4点杖・サイドステッキを使った歩き方 4点杖・サイドステッキを使った歩き方

※上図では一般的な使用方法(3動作歩行)を説明しています。
※ご使用される方の身体状況により、杖の正しい使用方法は異なります。

人気の歩行器

四点杖・補助杖の商品一覧をみる

ページの先頭へ戻る

072-720-7080
お問い合わせはこちら