現在の移動方法・身体機能を

■歩行支援用具を使用する過程は、大きく分けて2つあります。

◎骨折や脳卒中などの怪我や病気で歩行機能を失ってから、再び除々に歩行機能を獲とくする

◎老化により除々に歩行機能が低下する

 

■使用者に合った移動方法、歩行器具を使用する場合

現在の移動方法・身体機能を把握する

現在の移動方法・歩行器具が実用的であるかどうか検討する

現在の歩行器具で支援方法を考える

 

他の移動手段・歩行器具の可能性を考える

072-720-7080
お問い合わせはこちら