福祉と介護の用語集 ち

頭文字で探す

 

チーム・アプローチ
【ちーむ・あぷろーち】

team approach

対象者の生活上での問題を解決するために、各種の専門家や素人が援助チームを編成し、問題解決に向けての共同作業を行う手法。

チアノーゼ
【ちあのーぜ】

cyanosis

毛細血管・静脈を循環する血液の酸素濃度が低く炭酸ガス濃度が高い為、皮膚および可視粘膜が著しく紫色になる現象のこと。

地域援助技術
(コミュニティーワーク)

【ちいきえんじょぎじゅつ】

community work

地域(コミュニティー)を対象とした社会福祉援助活動のこと。

地域福祉
【ちいきふくし】

理論的には1970年代から展開されてきた。
本格的な展開は1980年代後半の ゴールドプランで開始された。

理念の整理と八法改正により基本的な理念が明記され、ノーマライゼーション理念の尊重や、市町村を中心とした福祉サービスの 総合的な提供、医療・保健などとの有機的な連携、地域主義など計画性のある 実施が望まれるものである。

地域リハビリテーション
【ちいきりはびりてーしょん】

障害をもつ人々や高齢者およびその家族が、住み慣れたところで、そこに住む人々と共に、生涯にわたって安全に、いきいきとした生活がすごすことができるように、医療や保健、福祉および生活にかかわるあらゆる人々や期間・組織がリハビリテーションの立場から協力し合って行う活動のすべてをいう。
(2001年10月、日本リハビリテーション病院・施設協会の定義)

痴呆対応型共同生活介護
【ちほうたいおうがた
きょうどうせいかつかいご】

痴呆対応型グループホームのこと。

単にグループホームという。

痴呆性老人
【ちほうせいろうじん】

脳が広範囲に侵されたために、いったん正常に発達した知能が持続的に低下した状態にある老人のこと。

痴呆の評価尺度
【ちほうのひょうかしゃくど】

認知機能障害の評価尺度には、質問式の『改訂長谷川式簡易知能評価スケール』 (HDS-R)や、観察式の『ClinicalDementiaRating』(CDR)などが知られている。

精神症状・行動障害、日常生活動作遂行能力に関しては標準的なものは確立していない。

着衣失行
【ちゃくいしっこう】

脳血管障害の一症状。着衣における単純な行為が知能力の障害の為に不可能となること。

中期高齢者
【ちゅうきこうれいしゃ】

高齢者を3つの時期に分けた場合に、75歳~85再未満のひとをさす。

長期療養ケア
(ロングタームケア)

【ちょうきりょうようけあ】

long term care

地域の在宅サービスとの連携などによる自宅復帰の支援と、長期療養者に対する医療のこと。

駐車ブレーキ
(駐車用ブレーキ)

【ちゅうしゃぶれーき】

停止中に走り出さないためのもの。駐車時に使用します。

車椅子、シルバーカー、歩行車などについています。

聴力低下
【ちょうりょくていか】

加齢に伴うほとんどが老人性難聴で、高音域ほど聞こえにくくなる特徴がある。

長座位
【ちょうざい】

下肢を伸ばして座位の姿勢をとること。

072-720-7080
お問い合わせはこちら