歩行用品特集

 

歩く力は生きる力。歩くことは、健康のためにとっても大切なことなんです。
それでも、加齢や疾患、障害によって歩くことや、立ち上がることが困難になってくる事もあります。
しかし、転倒など防止するため、車椅子にのって「行動抑制」をするのではなく、困難になってきた歩行・立上り
を「時と場所」「身体状態」に合わせてどのように支援していくかを考えていきたい…
そんな思いやりの歩行支援を考える「快適空間スクリオ」の歩行用品特集です!

 

  • 杖
  • 固定型歩行器
  • 交互型歩行器

 

杖の役割

杖を持つことに抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、おしゃれな柄やたくさんのカラー、女性用から男性用までたくさんの種類
が豊富にそろっています。足元が不安な方はもちろん、元気な方でも長距離を
歩く際お使いいただくと楽になりますよ。

 

 

楽歩 オールカーボン伸縮ステッキ40C
伸縮杖 婦人用

丈夫かつ軽量なオールカーボン製 婦人用!

10,800円

楽歩 オールカーボン伸縮ステッキ41C
伸縮杖 紳士用

丈夫かつ軽量なオールカーボン製 紳士用!

10,800円

折りたたみSP 和柄ステッキ
折りたたみ杖

人気の和柄の折りたたみ伸縮杖です。

7,875円

伸縮レザーステッキ
軽量

おしゃれなレザー張り伸縮ステッキ!

6,720円

充実ステッキ 伸縮杖 AS-10

柄のないシンプルな無地タイプ。カラーバリエーションは豊富な6色!

4,600円

固定型歩行器を使って歩こう

固定型歩行器は歩行器を持ち上げて使います。
1.両手で歩行器を持ち上げ前に付きます。
2.グリップで体重を支えてから、患側→健側の順で足を出します。
歩行器を持ち上げて歩みを進めるので、両上腕の筋力と立位保持が必要となります。

固定型歩行器の歩き方

交互型歩行器を使って歩こう

交互型歩行器は、左右のフレームを個々に動かすことができます。
歩くときは、左右のフレームを歩行時に手振るように交互に動かし、
右側の歩行器→左足→左側の歩行器→右足 という動作で歩行します。
固定型よりも、バランス機能と左右交互運動が要求されます。

交互型歩行器の歩き方

 

072-720-7080
お問い合わせはこちら