神崎株式会社 http://www.scrio.co.jp/
会社案内 English version
*会社案内 *企業概要 *企業沿革 *事業内容 *求人情報

 
   私たちは、オンリーワンの“生活環境快適化型企業”を目指して、“快適な空間”を作ることを目的に楽しみながら様々な追求をしています。住宅リフォームや住宅設備機器の販売や福祉用具の販売やレンタルまで消費者のニーズに沿うため全社あげてトータルなクリエイティブパワーを発揮しています。

 浴そうやキッチンなどの住宅設備機器の取り扱いには、50年の実績をもっています。また高齢化社会の到来を見すえて“住まい”や“福祉”といったカテゴリー別の考え方から脱却して、“住まいこそが最も大きな福祉用具”といった視点に立ってクリエイティブに行動し、時代が求める夢と楽しさを実現させることを目指しています。

 
 

 「やさしさの時代」と呼ばれるようになって久しくなります。そしていまや「やさしさ」は私たちの生活の隅々にまで行き渡っています。でも本当の「やさしさ」についてゆっくり考えたことがあるでしょうか。もしかすると「やさしさ」とは、現代日本の「時代の気分」なのかもしれません。

 「やさしさ」は「優しさ」であり「易しさ」でもあるのですが、「やすいこと」「安易なこと」とは、実は異なるようです。 福祉の視点で見てゆくと、高齢者や障害者にとって「やさしい」社会は「安易」につくられるものでしょうか。むしろその逆と言えます。「やさしく」あろうとすればするほどに悩みます。「やさしく」あることこそが実は難しいことなのです。

 また、高齢者や障害者にとって使いやすく工夫された道具や住まいは、そういった人々にだけ便利なものであってはいけません。誰しも歳をとってゆきます。そして、いつどの瞬間にも突然、体の自由がきかなくなる可能性があるのです。

 ですから住まいも道具も万人にとって便利であり、使いやすく、親しみやすくあらねばならないのです。本来、高齢者や障害者を特別な存在としてとらえず、同じ時代に暮らすひとびととして分け隔てなく接することこそが必要なのです。

 そう考えていくと「やさしい」を実現するには多くの困難がともなうことに気づくのです。つまり「やさしさ」を追求するということは、よく考えること、工夫することといった努力の積み重ねこそが必要なのです。わたしたちは、お客様にやさしくあるために自らに厳しくある企業なのです。

神崎株式会社


*会社案内 *企業概要 *企業沿革 *事業内容 *求人情報
個人情報保護方針(プライバシー・ポリシー/PrivacyPolicy)に対する当社の基本姿勢
Copyright(c) 1998-2017 KANZAKI,Inc. All rights reserved.
-->