「身体状態」に合った方法で

様々な理由で「歩行」や「立上り」が困難になってきたときには、何とかして歩けるようになりたいと思うものです。
しかし、「安全に歩行・立上りをすること」と「歩きたい・歩かせたいということ」は別であることを、ご本人や家族の方に理解してもらう必要があります。

無理は禁物です

無理な歩行や歩行の介助は転倒や骨折の危険が生じます。
無理をすることによって、ご本人が「肋骨骨折」「腰痛」「大腿骨骨折」などをしてしまい、寝たきりになった例も多くございます。

転倒する人

「足に体重をかけさせる」ことを目的にする

「足に体重をかける」こと自体は悪いことではありません。
しかし、上記のような例もございますので、歩行や立上りが安全にできないと考えられる場合には、「歩かせる」ことを目的にするのではなく、「足に体重をかけさせる」ことを目的にするのがよいでしょう。

ご本人・介助者ともに、なるべく負担にならない方法で、適切な福祉用具を使用し、移動・立上りを行うことが大切ではないでしょうか。

手すりを持って歩く人

072-720-7080
お問い合わせはこちら