健康なときには気づかないわずかな段差が、大きな障害になることがあります。
ちょっとした配慮で移動や生活がしやすくなります。

では生活の中での問題点と改善方法を大きく分けて、屋外、玄関、住まいの中別に見ていきましょう。

屋外での歩行に不安がある

屋外での段差が負担に。

屋外はちょっとした段差が多く、お年寄りにとっては大きな負担になります。

外出をあきらめてしまいがちになってしまいます。

不安定な身体を支えられる手すりを取り付けましょう

手すりを取り付けて移動を補助。

屋外歩行の補助には「屋外(ポーチ用)手すり」を使いましょう

玄関から門までの階段やポーチ段差に身体を支える手すりを設置します。
それだけで歩行時の安心感を得ることができ、外出する意欲を高めることができます。

大きな段差のある玄関は昇降しにくい

上がりかまちの段差がつらい・・・

足腰が弱っていると、段差の大きい玄関の上がりかまちは昇り降りがしにくく、大変危険です。
段差を解消して、手すりを取り付けましょう。

安全に昇り降りができます。

玄関での移動をサポートするアイテムを組み合わせ使いましょう

段差の大きさに合わせて「段差ステップ」や「玄関台」などを用い、段差を解消。
さらに「上がりかまち用手すり」「玄関手すり」を取り付けることで、身体の安定をたもつことができます。

使いやすい玄関になることで、外出への意欲もわいてきます。

住いの中での移動や立ち座りに不安がある

廊下を歩くときやトイレや浴室で立ち上がるとき、敷居の段差などのちょっとした移動でも大きな負担になることがあります。

ちょっとした移動のも負担になります。

不安定な身体を支えられる手すりや段差を解消するスロープを設置しましょう。

歩行補助、動作補助には「在宅用手すり」「トイレ用フレーム
小さな段差には「段差解消スロープ」を使いましょう

廊下・トイレ・浴室など移動をともなう場所にちょっとつかまるところがあったり、敷居の段差を解消するスロープを設置するだけで、移動のしやすさは大きく改善されます。

また、身体への負担を軽減するだけでなく、安心感を得ることができるので精神的にも満たされます。

住まいの様々な場面で、歩行や立ち座りをサポートします。

移動や立ち上がりがらくになります

072-720-7080
お問い合わせはこちら