ルーペとは小さい文字を拡大するレンズ、いわば「拡大鏡」です。
老眼鏡は恥ずかしいから、ルーペを使いたい。
とおっしゃられる方がいらっしゃいます。

このルーペ(拡大鏡)と老眼鏡は似てても違いがちょこっとあるのです。
老眼鏡が必要な方がルーペだけで文字を読もうとする場合、
思うように文字が読めないかもしれないので注意が必要です。

では、老眼鏡とルーペの違いをご説明します。

老眼鏡

老眼のしくみ

老眼とは水晶体が硬くなることで目の機能が衰えるのが原因です。
老眼は、目が本来もつ焦点を合わせるための調節機能が低下するため、近いところが見えにくくなる症状を指します。

老眼鏡は、ずれている像を網膜上に戻すことで、
ピントを合わせる役目を果たしています。

老眼鏡をひとことで言えば、
「目の調節機能の手助けをするレンズ」

ルーペ

ルーペとは小さなものを拡大することで、細かい手作業などを行いやすくする道具です。

LEDライト付ルーペ 使用例
LEDライト付ルーペ クリップ付タイプ

老眼のように焦点がずれている場合、そのずれを補正するものではないのです。
老眼鏡を必要としている方がルーペだけでものを見ようとしても、
単にぼやけた像を拡大するだけとなります。

ルーペをひとことで言えば、
「単に文字や物体を拡大して見せるレンズ」

だから、老眼鏡を必要とする方が、ルーペだけで拡大しても
やっぱり見えないに変わりないのですね。

老眼鏡があるとルーペはいらない?

老眼鏡は見るもののピントを合わすための道具です。
はっきりと見えるようになりますが、大きさはそのまま。
小さな文字は、はっきり見えるようになっても見にくいものです。

そういうときにルーペ(拡大鏡)をお使いください!

老眼鏡とルーペ(拡大鏡)で、はっきりと大きな文字で読むことができるようになりますよ。

老眼鏡の度数

老眼鏡は種類は「度数」で、区別します。

老眼鏡は、大きな度数のレンズだからといって、ハッキリと見える訳ではありません。
度数とは、ハッキリと見える距離(ピント)の違いです。

▼ 強い度数のレンズほどハッキリ見える距離が近くになり、
▼ 弱い度数のレンズほどハッキリ見える距離が遠くになります。

長い時間快適に見るためにも、自分の眼の状態に合わせた度数を選ぶことが大切です。

ルーペの倍率

ルーペの種類は「倍率」で、区別します。

倍率の大きいルーペは、大きくハッキリと見える距離(ピント) が近く、
小さい倍率のルーペは大きい倍率に比較してピントが遠くで合います。

ルーペの倍率は特定の計算式で算出される値です。

だからルーペで倍率が2倍と表示されていても、
実際に2倍の大きさに見えるわけではないのです。

ルーペ(拡大鏡)の通販はこちら

おすすめのルーペ(拡大鏡)

072-720-7080
お問い合わせはこちら