トイレ内の便器は、おおむね次の2点を考慮して基本的な配置を決めます。

身体の向きと便器の配置

排泄動作で最も大変な動作は立ち上がり動作です。
トイレで便器の配置を考えるときには、立ち上がる時に利き手(または麻痺のない手)で手すりを握りやすい配置を考えます。

基本的な便器の配置

基本的な便器の配置図

トイレ入り口と便器の配置

車椅子を使用する方には、歩行が困難な方でだけでなく、短い距離であれば歩ける方、歩けるけど転びやすくて目が離せない方などもいらっしゃいます。

歩行が安定している場合

トイレの入り口で車椅子をおり、トイレ内を歩行することもできます。
この場合、トイレ内に車椅子が入らなくても、入り口から便器まで手すりを取り付けることで対応できます。

 

歩行が不安定な場合

便器に車椅子が近付きにくく、歩行の距離が長くなるほど介助がより多く必要になります。できるだけ車椅子を便器に近付けやすい環境が必要です。

最も安全なのは、便器に対して直角の方向から車椅子を近付けることです。
この場合でしたら、便器前で手すりを握って、立ち座り動作、乗り移り動作を行うことができます。

歩行に介助が必要な人ほど、歩数は少ないほうが安全で、介助も容易です。

トイレの住宅改修では、トイレスペースとともに、便器の位置や向きと、トイレの入り口の位置関係への配慮が重要です。

072-720-7080
お問い合わせはこちら