ポータブルトイレ導入前に、通常トイレの支援方法を確認してみましょう。

ポータブルトイレが自力で使えるということは、トイレが使えるケースが多いので、ポータブルトイレを導入する時は、その他の支援方法を確認し、通常トイレをを利用できないかを考えてみてください。

しかし身体状況や住環境面で、ポータブルトイレを導入したほうが転倒や失禁などのリスクを軽減できるケースも多くあります。

ポータブルトイレ導入による利点

冬場の室内と廊下の温度差が大きいときなど、室内にポータブルトイレをおくことで急激な温度変化をさけることができる

夜間頻尿の場合、暗い廊下をあるいて離れたトイレに行く際、足元が見えにくく物につまずいて、転倒する危険性をさけることができる

普段は通常のトイレを使用し、冬場や夜間だけポータブルトイレを使うなど、その時々にあわせて変更するのもよいかもしれません。

では、それぞれの問題について詳しく見ていきましょう。

 

病状・症状・身体状況の問題はこちら>>>

住環境の問題はこちら>>>

072-720-7080
お問い合わせはこちら