浴槽内で自力で立ち上がりや浴槽につかることができなくなった方や、自分で歩いて脱衣所や浴室にいけない方は、介助者にシャワー浴をしてもらうことになります。
その際に使用するのが、入浴用車椅子シャワーキャリーです。

入浴用車椅子(シャワーキャリー)は、水まわり用車椅子ともよばれ、シャワーチェアの足の部分に車輪が付いているもののことをいいます。

選ぶポイントとしては、長時間使用するものではないため、介助者が介助しやすいタイプのシャワーキャリーを選ぶようにしましょう。
もちろん、裸でもすわり心地のよいシートを選ぶことや、浴室での操作性も選択のポイントになります。

入浴用車椅子(シャワーキャリー)

シートタイプを選ぶ

座面シートの穴が大きいと、お尻の小さい方ははまってしまうことがあります。
そのような方は、小穴シートを選ぶとよいでしょう。

シートには、長時間使用してもおしりが痛くなりにくいソフトシートや、お風呂の時以外にも使える穴なしタイプなどがございます。

ご使用者に体型や症状にあったタイプを使用するようにしましょう。

入浴用車椅子(シャワーキャリー)の通販はこちら
072-720-7080
お問い合わせはこちら