浴槽台

浴槽への出入りや、浴槽内での姿勢がとってもラク。洗い場に座るときにも便利なのが浴槽台です。

特徴としては、立ち上がりや浴槽またぎがしやすくなるということがあります。

欠点としては、肩までお湯につかることができなくなる、浴槽台のメンテメンスが必要になるなどです。

しかし、心臓の弱い方、高齢により体力が落ちてきた方などには、腰湯の方が安全に入浴できるので、入浴方法の習慣をかえることも必要でしょう。

浴槽台は大きく分けて2つの種類があります。

軽量・吸盤タイプ

軽量・吸盤タイプの浴槽台の写真

自重で沈むタイプ

自重で沈むタイプの浴槽台の写真

下肢が不安定な方で、
浴槽にしっかりと固定して使いたい。
扱いやすい軽量なものが欲しい方にオススメ。

浴槽内はもちろん、
洗い場で踏み台としても使いたい方にオススメ。

使用可能な浴槽タイプ

平坦で吸盤がつく浴槽

使用可能な浴槽タイプ

天板サイズの選び方

天板サイズは浴槽の大きさや使い方に合わせて選択してください。 底面幅44cm以上

標準タイプの浴槽台

両足が収まり、安定感のある天面、広さが必要な方には、標準タイプがオススメです。

浴槽の底面幅は44cm以上。


底面幅33cm以上43cm以下

ミニタイプの浴槽台

浴槽底の曲面形状が大きい浴槽や底面幅の狭い浴槽には、ミニタイプをご使用ください。

ミニタイプ。コンパクトタイプは足元が広々つかえて、高齢者対応浴槽にも使用できます。

浴槽の底面幅、33cm以上43cm以下。


足元のスペースが広々つかえます。

天板シートの選び方

踏み台として使用されるかた

すべり止めシートタイプ

主に踏み台として使用される方にはすべり止めシートタイプの浴槽台がオススメです。
またぎ時に滑って転等してしまう。などの事故を防ぎます。


椅子として使用される方

ソフトクッションタイプの浴槽台

主に椅子として使用される方には、ソフトクッションタイプがオススメ。
ソフトクッションがお尻に優しく、長時間入浴しても、お尻が痛くなり難いです。
おしりの皮膚が弱い方にもオススメします。


浴槽台の通販一覧はこちら

072-720-7080
お問い合わせはこちら